アコハウスブログ どうぶつ村からこんにちは

お家のことなら、なんでもがんばるアコハウス。
どうぶつたちと一緒にがんばってます。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
<< サンちゃんは良い子でした | main | 猫あんか >>
サンちゃんアルバム

みなさん、こんにちは!

 

先週、サンちゃんが天国にいったというご報告をしました。

昨年の7月から糖尿病を患い始めて、がんばってきましたが、

クリスマスとお正月を過ごして、すごく寒くなる前に、

ポカポカと暖かい天国へ、引っ越ししていきました。

 

今日はそんなサンちゃんを、写真で振り返りたいと思います。

 

 

サンちゃんがどうぶつ村へ来たばっかりの時。

かーわーいーいー!

 

お正月の食材を買いに行った村長と工事部長が、

カルフールのペットコーナーにいたサンちゃんに一目ぼれして、

お節料理が猫に化けてしまったというのは、今でも語り草です。

 

 

その後はスクスクと大きな猫に育ち、弟猫と妹猫もできました。

 

 

この鋭い目つきで、おやつを狩る凄腕のハンターであり。

 

 

柔軟な体を生かして、様々な寝姿を披露してきた寝姿師でもあります。

 

 

この大胆な万歳寝も、得意技の一つ。

 

 

寝床に合わせて、様々な万歳寝を実践。

 

 

中でもサンちゃんと言えば「すまん寝」。

顔を隠すモフモフの丸い手に、どれだけ悶えたか数知れません。

 

 

これは新しくきた猫つぐらの安全確認をして出てきたところ。

猫兄弟の長男として、新しいモノの安全チェックを欠かしませんでした。

 

 

とにかく食いしん坊なので、葉っぱなどもカジカジ嗜み、

村長に怒られたこともありました。

 

 

いつでも昼食時には一緒にいてくれて、話し相手にもなってくれました。

 

 

10歳とちょっとだったけど、数えきれない思い出を残してくれました。

こんなに人懐っこくて寛容で、大きくて美しい猫はそういないと思います。

 

サンちゃんのいないどうぶつ村は、とても寂しいどうぶつ村です。

いつでも人の側にいてくれたサンちゃん。呼べばすぐに応えてくれたサンちゃん。

 

もちろん小太郎だってじゃじゃ丸だってキナコだっています。

でもサンちゃんは、本当に人に寄り添って暮らしてくれていたので、

ポッカリと空いた穴は、サンちゃんしか塞げません。

 

でもサンちゃんは、どうぶつ村ですごくがんばったので、

先輩のナナちゃんがいる、暖かくて美味しいモノがたくさんあって、

飛んで走って、良く眠れる天国へ行けたのだと思います。

 

このブログを通してサンちゃんのことを知ってくださった方も、
実際にサンちゃんに会ってくださった方にも、お礼を申し上げます。
今まで可愛がっていただいて、ありがとうございました。

 

それではまた来週から、いつもの更新に戻ります。

ものすごく寒いので、みなさんお気をつけて!

| どうぶつ | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://doubutumura.acohouse.co.jp/trackback/639
このページの先頭へ