アコハウスブログ どうぶつ村からこんにちは

お家のことなら、なんでもがんばるアコハウス。
どうぶつたちと一緒にがんばってます。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
<< 容量との戦い | main | 猫の日スペシャル >>
あらいいニオイだこと!

みなさん、こんにちは!

 

オリンピックが始まって、熱心に応援されてる方も多いと思います。

ポチノは選手の人と同じぐらいドキドキするので、

この時期はなるべくテレビを観ないで過ごしております。

それじゃなきゃ、心臓が持ちません。

 

そんなことは置いといて。

以下、少々シモのお話になりますので、お食事前、中の方はお気をつけて。

 

さて、どうぶつ村の事務所のドアのすぐ外の玄関ホールに、

小太郎さんのふかふかベッドとトイレが置いてあるのですが、

ドアのすぐ横にポチノの机があるので、小太郎さんが、

大きい方の用をたすと、ぷーんと臭ってくるのであります。

それはそれは激しい臭いが、漂ってくるのであります。

 

そういう時はすぐに、村長や工事部長に、

「小太郎さん、出しました!」と報告をして、回収してもらってます。

ポチノがやればよい、というというご意見もあると思いますが、

小太郎さんのはかなりビックなベンなので、ちょっと遠慮させて頂いてます。

 

 

そんな小太郎さんは、自動販売機という別名を持っています。

それは何か口から食べ物が入ったら、

必ずお尻からビックベンが出てくることから、そう呼ばれているのです。

 

 

その例のビックベンがたいそう臭いのですが、

村長はその臭いを嗅いだ時、「あらいいニオイだこと」と言います。

さっきもそう言いながら、回収作業をしていました。

 

もちろんこれは実際「良いニオイ」だと思っているわけではなく、

すごい臭いけど、あえて良いニオイだと表現してるということです。

 

これは村長のお母さまも、そういう言い方をよくしています。

傍から聞いてると、なるほど「臭い!」と言うよりも、

「あらいいニオイだねぇ」と言うほうが、

自分自身に対しても負担が軽くなり、感じが良いなと思うのです。

 

でもいつでもそういう風に言っているわけではなく、

ポチノが聞いてる感じとしては、

 

1.その行為をした対象に愛情があること

2.非難をしたいわけではないこと

3.でも何かひとこと言いたいとき

 

こんな時に臭いのに、「あらいいニオイだこと」とか

かなりバッチイのに、「あらまぁキレイだねぇ」とか、

そういう言葉が出てくるのです、親子そろって。

 

とても良い表現だと思って、真似しようと思うのですが、

言い慣れてないし、クサい!と思うとクサイに支配されて、

なかなかそんなセリフは咄嗟には出てきません。

 

村長と村長のお母様が、長年培ってきた言い回し。

一朝一夕には出てこないものなのです。

 

これからも小太郎さんの臭いに負けず、

「あらイイニオイ!」と言えるように精進する所存です。

 

それでは今日のどうぶつ村。

 

 

今日も写真を撮るタイミングを逸して、また寝てる写真のみ。

 

 

目が開いてるじゃじゃ丸さんをお届けしたい。

来週こそは、寝てないじゃじゃ丸さんを!とかたくここに誓います。

 

 

この頃じゃじゃ丸さんに迫る勢いで、寝てばかりのキナコさん。

 

 

寝すぎで涙が流れるようになりました。たいへん遺憾です。

どうぶつ村の中では一番の若手。まだまだがんばって欲しいものです。

 

 

さてこの写真の方は、今朝どうぶつ村付近で見かけたハチワレキャット。

 

 

ポーちゃんを飼いはじめてから、白黒ハチワレさんに、

たいへんな親近感を持っておりまして、思わずシャッターを切った次第。

すごい勢いで逃げられましたが、とてもかわいいハチワレさんでした。

 

 

さてこちらはウチのハチワレさん。よかれと思って買ってきた、

猫用ハンモックがお気に召さないようで、結局座布団に。いと悲し。

 

 

猫あるあるあるな、ハチワレポーちゃんでありました。

 

ということで今日はここまで。

それではまた来週!

 

 

オトナなポーちゃん。陰のある雌猫チュテキ!

| 雑記 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://doubutumura.acohouse.co.jp/trackback/642
このページの先頭へ