アコハウスブログ どうぶつ村からこんにちは

お家のことなら、なんでもがんばるアコハウス。
どうぶつたちと一緒にがんばってます。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
<< 毛玉クリーナー | main | 盆脳と猫 >>
スキスキ竹輪の磯辺揚げ

みなさん、こんにちは!

 

暖かい日が続くようになってきましたね。

関東南部では、今週末にも桜が咲き始めるいう予報も出ています。

おべんと持ってお花見がてらピクニックなんぞ、いいものですね。

 

さて今日は食べ物のお話。

 

小学校の給食で、好きだったメニュー。いろいろありますが、

給食で初めて食べて感動したのが、竹輪の磯辺揚げ。

 

竹輪に青のりを混ぜた衣を着せて、油でカリッと揚げたもの。

それに我が校では、ソースをかけて食べていました。

 

これがおいしくておいしくて、母にこれを作ってくれとねだりましたが、

母はこの竹輪の磯辺揚げなるものを、食べたことが無かったらしく、

 

ポチノにどういうものなのか?と聞くので、一生懸命に、

ちくわに青のりがついている、油で揚げてある、ソースをかけて食べる

と、説明して作ってもらったのです。

 

さて出てきた磯部揚げに、勇んでソースをかけて食べてみると

どうにも給食で出てくる、あのすんごくおいしい竹輪と違う。

「なんか味がちがうあの味じゃない、おかしいなぁ」と母に言ったところ、

「あなたの言うとおりに作ったのに、違うって言われても知らない!」と、

すっかりヘソを曲げられてしまい、それから二度と我が家の食卓に

竹輪の磯辺揚げがのぼることはありませんでした。

 

あれからン十年。

先日、母とお蕎麦屋に入ったところ、メニューに竹輪の磯辺揚げの文字が。

母がこの竹輪の磯辺揚げが食べたいと言い出しました。

 

なんで?と問うと、昔の磯辺揚げの一件を持ち出して、

結局正しい竹輪の磯辺揚げを、食べることなく過ごしてきたので、

せっかくの機会だから、食べてみたいとのことでした。

 

それならとオーダーし、運ばれてきた磯場揚げ。

磯の香り漂うサクサクの衣に包まれたステキな竹輪。

さぁどうぞどうぞと勧めて、その揚げたての磯辺揚げをそのまま、

食べてもらいました。もちろんポチノも食べました。

 

「これが正解の竹輪の磯辺揚げなの?」と母に聞かれましたが、

これはポチノにとっては、半分正解で半分不正解の磯辺揚げなのであります。

 

ポチノのおいしいポイントは、この磯辺揚げにウスターソースをかけて食す。

そのままでも、天つゆでも、醤油でもダメ。ウスターでないのダメなのです。

なぜか我が校では、磯辺揚げにはウスターソースが一緒に出てきていたのです。

 

ネットで竹輪の磯辺揚げ ウスターソースと検索してもヒットしないので、

我が校だけだったのでかもしれませんが、とにかくウスターソースが合う!

そして母に作ってもらった時は、家にあったとんかつソースで食べたので、

まったく違った味になってしまっていたのですね。

 

あの頃、我が家はソースといえばとんかつで、ウスターは無かったような。

そして小学生のポチノは、ソースに種類があるなんて知りませんでした。

 

あの頃、あんなにおいしかった竹輪の磯辺揚げ。

今でもセルフのうどん屋さんに行けば、必ずお皿には載せますが、

もうウスターソースをかけて、食べる気にはなんとなくなりません。

あの頃のあの竹輪の磯辺揚げのおいしさは、もう感じられなくなったのです。

 

それでも竹輪は安くておいしくて、とても優秀な食品です。

磯辺揚げに限らす、いろいろな姿になって今もおいしく食べてます。

そして思いのほか、ナルトもすっごくおいしいたべものなのですが、

また長くなるので、ナルトのことはまたいつかにいたします。

 

今日はやけに長々書いてしまいましたが、

ここらで、今日のどうぶつ村。

 

 

前回シャンプーしてから、またそこそこ日にちがたちまして、

日にちがたつと、なんだかニオイもたちまして。

 

 

暖かくなると、プンと臭う小太郎さん。

そろそろ次回のシャンプーの予約を願いたいところです。

 

 

清潔第一のじゃじゃ丸さんですが、今日はダーティじゃじゃ丸さん。

 

 

なぜならホコリだらけのベランダで、ゴロゴロにゃんにゃん、

遊んできたからであります。顔もお腹もなんだかダーティ。

 

 

写真では分りづらいですが、白くてフカフカが有名な、

じゃじゃ丸ハンドも今日は、汚れてグレーになっております。

 

 

そしてこちらいつもインドア派で、外なんてどんな危険が

あるかわからいないところなんて、もってのほかのキナコさん。

 

 

何を想ったか、今日はじゃじゃ丸さんとベランダへゴー!

一緒にゴロゴロにゃんにゃんしちゃいました。

 

 

よってこちらさまもダーティキャット。

こちらさまはお手入れが下手な方なので、しばらくダーティなまま。

いやねー、キナちゃんキレイになってねー。

 

 

こちらはずっとインドアキャットかわいいポーちゃんです。

インドアなので、そこそこキレイにくらしています。

 

 

お手入れもわりと好きみたいで、熱心にペロペロしとりますよ。

 

 

ポーちゃんには初めての桜の季節。インドア派なので、外には行けませんが、

窓からでも、お花見できたらいいなーと思っています。

 

それでは今日はここまでです。

また来週、お会いしましょう!

 

 

春眠暁を覚えず、ぽーちゃん思わず半眼で怖い

| おいしいなぁ | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://doubutumura.acohouse.co.jp/trackback/646
このページの先頭へ